社長ブログ

■省エネ■ 太陽光が0円!って本当? 実は…(その3)

池江璃花子選手の白血病のニュースはショックでした。

 

まずは、時間が掛かろうとも元気になってほしいです。
焦る必要はないですよね。

 

まずは、元気に。

 


彼女は困難から得たものを力に変える事が出来る人だと思います。

 

だから、絶対大丈夫!

 

 

 

おはようございます。
ハッピーホーム 株式会社後藤工務店の代表 後藤です。

 

 

前回の「その2」に続き太陽光発電。

 

今回のお話は「太陽光発電が0円」で搭載できる、いわゆる「屋根貸し」が
果たして、“将来的に得かどうか”でしたよね。
(屋根貸しの説明については「その2」でご確認ください)

 


屋根貸しは、

太陽光発電が0円であなたの家に載せてもらえる代わりに、
10年間は、売電収入も、故障した場合の修理費用も業者持ちなので損得無し…と。

 

さぁ11年目以降です。
売電収入があなたの通帳にやっと降り込まれますよ!

月にいくら振り込まれるかご存知ですか?

 


ここで、分かりやすくするために、10年前に太陽光発電を搭載した方を例にすると

2019年度になると、10年前に太陽光発電を搭載した方の
固定価格買取制度の10年が終わります。
正確には2019年10月31日までが固定価格買取期間。
2019年11月1日からが買い取り価格が変わる訳なんですね。

 

固定価格買取制度が始まった10年前の買取価格はご存知の通り48円/Kw。
ちなみに2019年度は24円/Kwです…。

 

ネットなどで調べてもらえば分かりますが、現在の予想ではどうやら8円/Kw前後になるようです…。
低い予想ですと5円/Kwとかも聞きます。

 

パネルの搭載量に当然寄りますが、48円/Kwの時代に売電収入は平均12,000円/月 位とも聞きました。

 

例えばそれを基準にするならば、
もう、お分かりですよね…。
売電価格が8円/Kwになったとしたら…、

 

8÷48×12,000円/月で、2,000円/月です…。

 

なので年間では、24,000円/年です…。

 


「何が問題なの1年に24,000円の収入でもいいじゃん!」
という方もおみえでしょう。

 

ただ、機械ものは故障が付き物ですよね。

 

最近良く言われているのが、
発電した電気を直流から交流に変換するパワーコンディショナー、
いわゆる「パワコン」は電化製品と同じような感覚の物らしく、
何と寿命が10年くらいだそうです。

 

ただ、パワコンは15年の機器保証があるので、設置してから15年間は無償対応してもらえます。
なので、20年目に壊れた時は自費対応ですし、その場合たいてい交換になる事が多いようです。
先日聞いた話ですが、その交換費用はなんと
「40万円くらいみておくべき」だそうです。

 

もうだいたい予想は付いたでしょうか。

 

最悪のパターンは15年機器保証が終了して、すぐに壊れた場合ですね。

 


まとめますね。

 

太陽光発電は、設置などの初期投資の費用を回収できるのは、
今も昔も「10年くらいかかる」としたものです。

ですので、実は屋根貸しでも普通に代金を支払って載せても、損得勘定は変わらないという事ですよね。

 

問題は、固定価格買取期間が終わる11年目以降です。

11年目からは8円/Kw前後になる予想ということで、収入は24,000円/年前後。
そこで、パワコンが壊れた場合には400,000円の出費…。
さらに10年間、発電量が同じだったとして10年で240,000円。

そしてパワコンが2回目の故障、交換した場合、400,000円の出費…。
そしてこの頃には、パネルの出力もどれほどの物か…。

という懸念もあるそうです。

 

「そんなことなら、もう修理なんてしない!」
と放置する家庭が増えるのでは、という説もあり。


ただ、放置するならば、メーカーにその安全性を確認したほうが良いと思います。

 

良く広場にある大きな太陽光発電設備では、

パネルが発電しているのに、故障したパワコンを修理することなく放置してあって、

それが原因で火災が発生する事例が出ている

と、確か1月の新聞記事で見ました。

 

売電収入が下がったことによって、

太陽光発電の所有者が倒産したり、維持管理よりも放置を選んだり、

という事が出てきている、という記事でした。

 

 

2019年10月31日をもって、太陽光発電の価値が大きく変わります。

売電価格が大きく下がることにより、多くの「太陽光難民」が発生するとも言われています。

 

これがいわゆる「2019年問題」です。

 

 

こんな事、誰が予想したでしょう。

 

少なくとも、太陽光発電を載せた方は、誰も予想していなかったでしょうね。

 

私が知ったのは恥ずかしながら今年に入ってから…。
太陽光発電推進派ではないので、ご勘弁ください。

 

ただ、太陽光発電を求める方を止めることはしませんでしたし、

出来る限り信頼できるメーカーを紹介してきました。

ですので、今は複雑な心境です。

 

 

国を挙げて進める事業でも、こういう事ってあるんです。

 

 

太陽光発電以外にも、「これは勧めない方がいいよな」という設備が

他にもいくつかあります。

 

 

それらの設備搭載を「ウリにした家」も結構建っていますが、
何十年後には大変だったり、悩んだりすることになるのかな、
と感じています。

 


次回はその「慎重に考えた方が良い住宅設備」についてお話したいと思います。

 

 


それでは、また!

 

 

岐阜県海津市・岐阜市・羽島市・大垣市・瑞穂市・安八郡・養老町
愛知県愛西市・津島市・稲沢市・弥富市
三重県桑名市・いなべ市

Contact 資料請求 お問い合わせ どうぞお気軽に お問い合わせください! お電話は、0584-54-7588 お電話受付時間8:00~18:00 メールでのお問い合わせは、こちらのバナーをクリックし、お問い合わせぺーじにてご入力ください

ある住宅アドバイザーの告白

資料請求お問い合わせ

資小冊子プレゼント

このページの先頭に戻る ボタン
Copyright© 2017 後藤工務店 | HAPPY HOME. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.